できるだけ高く楽器を売る

楽器を高く売るときの知識

虫眼鏡

学生時代に吹奏楽部に所属して使用していた、趣味として始めたなどサックスを持っている理由はさまざまです。
しかし、現在は使っていないという方が多く、処分するのはもったいないと感じる方もいるでしょう。
そのようなときに、買取をしてもらうという方法があります。
大切に使用していたサックスなので、買取してもらうことはとても良い方法です。
しかし、楽器を高く売るためには、音の状態がとても重要となります。
そのため、査定を行うときに音の状態は必ず確認しておきましょう。
特に、しっかりと音が鳴るものは高い値段で買取されます。
また、買取をしてもらう前に、自分で音の確認をしておくことが大切です。
なぜなら、見た目も査定に影響されてしますからです。
傷やへこみは改善できないのですが、汚れは自分で手入れをすることで改善できます。
綺麗な状態にすることで査定額が上がることがあるので、査定前に自分でしっかりと手入れをすることが大切です。
また、サックスの場合、管の中やタンポの状態も確認することが多いです。
そのため、自分で手入れができるところはしっかりとしておきましょう。
そして、付属品を一緒に売ることで買取価格が上がります。
サックスの取扱説明書や保証書があると良いです。
査定してもらう前に探してみることがおすすめです。
また、サックスを収納するケースは買取価格に大きく影響するでしょう。
ケースはサックスのサイズに合わせて作られていることが多いので、高く買取をしてもらうことができます。
サックス本体だけではなく、ケースもしっかりと手入れをして綺麗な状態にすることが大切です。

多方面で活躍する楽器

財布

サックスは吹奏楽、ジャズやロックと幅広い場面で愛されている楽器です。
学校の部活でも活躍し、プロの世界でも人気があります。
音域から9種類に分けられ、中でもソプラノとアルト、テナーにバリトンの4種類は特に広く演奏されています。
中でも、ソプラノサックスは、基本的にまっすぐな形状をしており、サックス四重奏の場では、主旋律を担当する機会も多いです。
また、アルトサックスの音色は柔らかく、時には艶のある音を出します。
そして、豊かな響きがあるので、ソロを担当したり活躍の場が多い楽器です。
ソプラノよりも1オクターブ低い音を出すのが、テナーサックスです。
渋みのある音が特徴で、ジャズの世界では特にもてはやされています。
そして低音が魅力のバリトンサックスがあり、アルトよりも1オクターブ低く、バンドを支える低音楽器です。
このように、同じサックスでも種類によって様々な特徴があるのです。
そんなサックスですが、買取をしているお店があります。
しかし、買取価格は楽器の種類や状態によって変わり、また品番や外装、使用状態によっても違います。
状態がいいと、数万円から数十万円と買取価格に差が出ます。
そのため、査定の前にサックスを隅々まで掃除し、見た目をきれいにすると買取額が上がることもあります。
傷や凹みがあっても、お店に相談すると減額しながらも買い取ってくれることがあるので、一度査定をしてもらう価値があります。
かつて音楽の世界を共に過ごしたサックスには、思いがけない額で買取してもらえる可能性があります。

査定のワンポイント

マネー

サックスの査定を行うときは、工夫次第で査定額を上げることができます。
まずサックスはどこのメーカーなのか、メーカーによっても型番によって査定の相場も変わってくるでしょう。
また同様のサックスを査定に出したとしても、業者次第で査定額が上下します。
高額買取を希望するならば、高額買取が期待できる業者に査定の依頼を行ってください。
査定をしたからといって、必ずそのまま買取の手続きをしなければならないことはありません。
金額が希望に満たないのならば、査定のみで終了しても大丈夫です。
実際に査定を行ってみなければどれくらいの価値がつくかわかりませんが、実績があり評判の良い業者に買い取り依頼を行えば安心して手続きが行えます。
少しでも高くサックスを売却したいのならば、できるだけサックスの状態を良くしておくことです。
お金をかけて専門業者にサックスのクリーニングなどを依頼する必要はありません。
しかし、サックスの本体を磨いたり備品などを揃えたり、査定前に少し工夫をすれば査定額がアップする可能性が出てきます。
また査定を行う時には、何社かに査定を依頼するという方法もあります。
一社だけの査定ではサックスの相場も判断しにくいですから、複数業者の査定額を比較しながら決めても良いかもしれません。
最近では、インターネットで申し込みができる買取サイトなどもあります。
そのため、直接買い取り業者へ足を運ぶのが難しい人や、元々店舗が存在しないオンライン上で取引をしている業者などへ買取を依頼する場合は、出張や宅配などのサービスを利用しましょう。