人気の楽器を高値で売る

方法と注意点

考える人

サックスの音色は人の声に近く、ほかの楽器とよく混ざり合うことで知られており、人気のある楽器の一つです。
それでも、時間が無くなったことや楽器の演奏のできない家に引っ越したことなどが理由であまり使用しなくなることもあります。
そのような場合、サックスの買取を検討することができます。
サックスを買取してもらう際には、音が出るか、音の調子、塗装の劣化、傷やさびやへこみがあるかなどが査定の対象となります。
それで、事前に音に問題がないか確認したり、できる限り汚れを落として綺麗にして置くことが大切です。
これを行うかどうかで査定額に数千円の差が出ることもあります。
査定額を上げるためには付属品をそろえておくことも大切です。
保証書や商品説明書といったものが査定の対象です。
他にも、お手入れ用具や収納ケースなどもあります。
特に収納ケースはそのサックス特有のものであることが多いので、付属していると高額買取してもらえる可能性が高くなります。
買取の方法には出張買取と宅配買取の二つの方法があります。
出張買取は買取スタッフが指定した日時と場所に訪ねてくれます。
その場で動作確認が行われ、最終的な査定額が提示されます。
査定額に合意したなら、その場ですぐに引き取ってもらえることや、多くの場合、支払いが当日現地にて行われるという利点があります。
宅配買取は宅配業者を利用して、サックスを業者に着払いで送り、査定、買取してもらう方法です。
この方法を利用するときの注意点は搬送中にサックスが傷つかないようにすることです。
特に専用の収納ケースが無く、代わりの箱に梱包して発送する場合は新聞紙やエアーキャップなどを詰めて、搬送中に大きく動かないようにすることが大切です。

高く売るコツとは

貯金箱

自宅に使わなくなったサックスが眠っていたり、もう使わないので処分しようと考えているのであれば、買取業者に査定を依頼しましょう。
思っているよりも、高い金額で買取してもらえる事があるからです。
始めて買取業者を利用する場合、どのような点を気を付ければいいのか、わからない人も多いでしょう。
まず最低限の常識としては、綺麗に掃除してから査定を依頼する事です。
汚れやごみが付着した状態では、印象が悪くなり、査定金額も下がってしまう恐れもあるからです。
そしてマウスピースやケースなど、サックスの付属品がある場合には、一緒に持っていきましょう。
附属品がそろっている方が、高値での買取が期待できます。
また、サックスの保証書や鑑定書もあるとベストです。
査定を受ける前に、一度探してみると良いでしょう。
しかし、自宅近くに買取を行っている業者がないので、わざわざ交通費をかけて行くのがもったいない、と考えてしまう事もあります。
現在、多くの買取業者が行っているサービスの1つに、宅配買取があります。
業者に連絡すると宅配キットが届き、着払いで送る事ができます。
査定後連絡がきて、納得できれば金額を振り込んでくれるシステムとなっています。
自宅にサックスの買取業者がなくても、宅配を利用すれば、誰でも現金に変える事ができるのです。
業者によって査定金額は異なっています。
1つの業者だけでなく、複数の業者に査定をお願いしましょう。
そうすれば自分のサックスの相場が分かり、最も高価買取を行ってくれる業者に売る事ができるのです。

音楽の幅が広い楽器

楽器

一般的に趣味や習い事などでは、ピアノやバイオリン、ギターといった楽器が多いですが、そういった楽器とは異なり、サックスの場合はジャスやクラシック、エンターテイメントでの活躍といった音楽の幅も広いことが影響し、プロはもちろん趣味で演奏する人も多く、ひそかに高い人気を誇っています。
またサックスならばサイズ的に持ち運びも可能な楽器であり、家に置いてあったとしてもさほど邪魔になることもなく、使い勝手が良いことも人気の理由の一つとなっています。
そんなサックスなので、憧れる人も大勢存在していますが、やはりそれなりの値段がするために二の足を踏む場合もよくあります。
そこで注目されているのが中古買取業者で、中古買取業者ならば販売価格も新品よりは安いため、初心者にとってはハードルが低く感じて売り上げも良い傾向にあります。
よって買取業者では売り上げがあるためにサックスを手放してくれる相手を求めている傾向にあるため、場合によっては高値査定でサックスを買い取ってくれることもあります。
このようにサックスは人気があるために売る側にも買う側にもメリットがある楽器であり、人気の高さが需要につながっているため、サックスを手放す場合は買取業者も複数の業者を比較し、より高値査定を出してくれる業者を選ぶことも可能です。
ちなみに業者も一般的なリサイクルショップだけでなく、楽器屋やサックス専門の買取業者なども存在していますし、近場の実店舗だけでなく、遠方の店などはネットでの取引も可能なケースもあります。