査定方法を押さえよう

安心して利用できる業者

お金

まずはサックスを売る前に業者を探さなければなりません。
楽器専門に扱っている業者もありますし、リサイクルショップや中古品を扱うショップでも買取してもらうことはできます。
サックスの価値が分かる人が鑑定しなければ正式な査定は出ませんので、できれば楽器専門店やサックス専門の買取業者に依頼するようにしましょう。
サックスはメーカーや状態によって買取価格に影響が出ます。
美品であれば価値も高くなります。
美品はほぼ汚れがない・使用感がない・演奏に問題がないといったほぼ新品同様の状態を指します。
美品ほど状態は良くないけれども、多少使用感があるが演奏に問題がないものを良品に分類されます。
見た目に傷がついていたり使用感はあるが、演奏する上では特に問題ないサックスでも専門業者では買取してくれるので安心です。
また、演奏上に問題があるサックスでも業者によってはジャンク品として扱って販売しますから買取可能になることもあるでしょう。
処分するよりも多少プラスになりますから、楽器の買い替えの際には買取業者で査定を行ってもらうことをおすすめします。
家の近所に買取業者がないという方でも出張や宅配を利用すれば遠方からでも申し込みが可能です。
無料で査定を行ってくれるケースがほとんどですが、査定を行って買取手続きを行わない場合は出張費や宅配料がかかることもあるので注意しましょう。
業者によって査定額が異なるので無料で行えるのならば複数業者へ依頼するのも良いかもしれません。

事前の確認が必要

考える人

買取専門の業者にサックスの買取を依頼する際には、注意しなければならないことがいくつかあります。
まず大きく分けて買い取りの方法には店頭買取、出張買取、宅配買取があります。
しかし、買い取りの方法によっては、手順や流れが変わってきます。
まず店頭の場合は自分でサックスを業者へ持参しますので、査定を行うのに基本的には料金はかかりません。
店頭で査定を行ってもらい、査定金額に合意できたならばそのまま手続きを進めればOKです。
出張サービスを利用するときは、業者のスタッフが自宅まで査定をしに来てくれます。
実物のサックスを見て査定を行うのですが、買取できなかったり査定金額に満足いかなかった場合は取引が行えません。
その場合、出張費用が発生することがあるので注意しましょう。
出張サービスを利用する前に出張費用や人件費など、何か費用がかかるのかを最初に確認しておいてください。
サックスの買取が成立したとしても、その他の費用がかかってしまい相殺されてしまうこともないとは言い切れません。
出張サービスを利用する時には、無料で行える業者にしておいた方が良いでしょう。
宅配買取を利用する際には、まず業者へ連絡をし、宅配キットなどを自宅へ送ってもらいます。
自分で梱包して業者へ送るのですが、しっかり梱包しなければ配送の際に破損の原因となってしまいます。
破損したサックスは買取不可になることもありますので、気をつけましょう。
また業者によっては配送にかかる料金が有料になる場合もあるので、事前に確認しておいてください。

気をつけること

ウーマン

サックスは管楽器の中でもクラシック・ジャズ・バンドミュージックなど幅広い音楽で活躍するため買取価格が比較的高値になりやすい楽器です。
サックスを買取してもらう際には、いくつかのことに気をつけるとより高価買取してもらうことができます。
まず、サックスをそのまま売るのではなくケースや説明書を探しましょう。
購入時のケース・説明書が揃っているだけで買取価格が10%ほど変わることがあります。
また、細かな付属品も取ってあったものは一緒に売ると良いでしょう。
本体の状態も重要です。
新品はもちろん高く売れますが、中古品の中でもほとんど傷や汚れはないものは美品扱いでより高値で取引されます。
使用感のあるものも、買取を依頼する前にサックスを磨くなど手入れをすると高価買取に繋がります。
サックスをどこに売るかでも買取価格は変動します。
楽器店に持ち込むのが一般的な方法ですが、その他にもリサイクルショップに持ち込んだり家まで出張してもらい売る方法などもあります。
いくつかの楽器店をまわり価格についての情報を仕入れ、最も良い条件で売却できる方法を探しましょう。
最近ではインターネットオークション・フリーマーケットサイトを利用すると高値で売れることがあります。
自分の持っているサックスの相場を調べてから値段を設定してオークションなどに出品しましょう。
自分の使っていた楽器には必ず愛着が湧きます。
ただ処分したり棚の肥やしにするのではなく、楽器の買取を利用してみるとよいでしょう。